ビフィズス菌と乳酸菌

ビフィズス菌と乳酸菌は、別の腸内細菌に分けられていますが、以前はどちらも乳酸菌と呼ばれていました。この乳酸菌の研究が進んだことでビフィズス菌について情報が増え、細分化されたというわけです。
ビフィズス菌と乳酸菌
で、ビフィズス菌と乳酸菌が腸内フローラを改善して、腸内環境を整えることによって、腸が乱れて悪玉菌が増えると便秘にも下痢にもなりやすくなります。

頑固な便秘を解消したり、免疫力をアップしたりするには、ビフィズス菌と乳酸菌ではどっちがいいのでしょうか?これは、大腸と小腸の善玉菌が何なのか?そして、大腸と小腸の働きが何なのかを知ることで自然と理解できてしまいます!

ダイエット先生ダイエット先生

カラダが元気になるのも、病気になるのも、内臓を中心としてアナタの身体のチカラ次第です!

ビフィズス菌と乳酸菌の関係

ビフィズス菌と乳酸菌の関係は、大腸と小腸の関係とも言い換えられます。なぜならば、大腸の善玉菌の99.9%を占めるのがビフィズス菌であり、小腸の善玉菌が乳酸菌だからです。
ビフィズス菌と乳酸菌

よくわからないビフィズス菌と乳酸菌の関係

乳酸菌は、代謝によって乳酸を作り出す働きのある細菌の総称です。乳酸菌は生物の中に存在していて健康に関与しています。人にも古くから腸内に存在していることがわかっています。
ビフィズス菌と乳酸菌
腸内は多くの種類の細菌が存在していて、その働きから善玉菌と悪玉菌に分けることができます。善玉菌は健康に良い影響を与えるもので腸内の割合を高くすることが健康に大切と言われています。そのためには体内生成に頼るのではなく、食事によって摂取することが欠かせません。

食事によって摂取できる乳酸菌の1つにビフィズス菌があります。つまりビフィズス菌は乳酸菌の一つの分類という関係にあります。他の乳酸菌と違って、乳酸の産出と同時に酢酸も作り出すことができます。

腸内は善玉菌と悪玉菌の割合で環境が変化します。善玉菌を増やすことも重要ですが、悪玉菌を減らすことも同じように重要です。酢酸は悪玉菌の繁殖を抑える強い殺菌能力があります。

つまりビフィズス菌は善玉菌を増やして、悪玉菌を増やさない働きがあると言うことです。ビフィズス菌と言っても50種類近いものが存在していて、そのうち10種類ぐらいが人の健康に影響すると言われています。より効果が高く、しっかり腸まで届くものを選ぶ必要があります。

ビフィズス菌と乳酸菌のどっち?

ビフィズス菌と乳酸菌のどっちが、どこに存在している善玉菌なのかを知ることがとても大切です。腸内の善玉菌を増やすことで、便秘解消や免疫力アップに繋がることはなんとなくわかっているでしょう。
ビフィズス菌と乳酸菌

ビフィズス菌と乳酸菌どっちがいい?

では、ビフィズス菌と乳酸菌どっちがいい?と言った場合には、目的が何なのか?によります。免疫力をアップさせたいのか、それとも、頑固な便秘を解消したいのか?という特異なジャンルがあるというわけです。

ビフィズス菌と乳酸菌で便秘解消するなら?

ビフィズス菌と乳酸菌で便秘解消するなら、どっちがいいのでしょうか?この答えは、ビフィズス菌です。なぜなら、大腸の善玉菌がビフィズス菌であり、便秘や下痢に大きく関連しているのが大腸だからです。
ビフィズス菌と乳酸菌
多くの女性が悩む便秘ですが、ウンチをスッキリ出すには、便秘の原因によって、必要なものを摂取する必要があります。ビフィズス菌に加えて、便が硬くて水分が足りない場合には、水溶性食物繊維を多く含む食べ物を食べましょう。


ビフィズス菌と乳酸菌
▶水溶性食物繊維の多い食品

便が硬いんじゃなくて、便の量が少ないためにうんちが出ないというダイエットで食事制限をしている女性に多い便秘原因の場合には、便のカサ増しを行う不溶性食物繊維を多く含む食べ物を食べましょう。


ビフィズス菌と乳酸菌
▶不溶性食物繊維の多い食品

水溶性食物繊維や不溶性食物繊維を多く含む食べ物を食べているのにウンチが出ない場合には、腸の動きが悪く、大ぜんどう運動が起こっていないので便が肛門に向かって進む速度が遅くて便秘になっている可能性が高いです。


ビフィズス菌と乳酸菌
▶大ぜんどう運動で便秘解消

ビフィズス菌と乳酸菌で免疫力アップ

ビフィズス菌と乳酸菌で免疫力アップするのは、どっちがいいのでしょうか?花粉症やアレルギー症状、風邪やインフルエンザに関連する免疫力アップをしたいなら乳酸菌が効果的です。
ビフィズス菌と乳酸菌
なぜなら、乳酸菌は小腸に多い善玉菌であり、ヒトの免疫力の70%程度を担っているのが、小腸だからです。だから、小腸の善玉菌である乳酸菌を活性化させて増やすことで、小腸の働きで免疫力が上がるのです。


ビフィズス菌と乳酸菌
▶乳酸菌で免疫力アップ

ビフィズス菌と乳酸菌を同時

便秘にも免疫力アップにも効果があるようにするには、ビフィズス菌と乳酸菌を同時に摂取すれば良いのでは?と思うのが自然ですね。身近な食べ物であれば、ビフィズス菌入りヨーグルトを食べればビフィズス菌と乳酸菌を同時に摂取することになります。
ビフィズス菌と乳酸菌
ヨーグルトを作るには乳酸菌が必要なので、ヨーグルトには何らかの乳酸菌が入っています。ビフィズス菌は自然界の食べ物には入っていないので、ヨーグルトにおいても後から添加します。よって、ビフィズス菌入りヨーグルトを食べれば同時に摂取できます。


ビフィズス菌と乳酸菌
▶ビフィズス菌ヨーグルト

ビフィズス菌と乳酸菌と納豆菌

ビフィズス菌と乳酸菌を同時に摂取することで、大腸と小腸の善玉菌が増えて、腸内環境全体が改善されることは説明しましたが、これに納豆菌をプラスするとさらに腸内フローラが改善されます。
ビフィズス菌と乳酸菌
なぜかというと、納豆菌は善玉菌を増やす働きがあり、納豆と乳酸菌を共存させた実験において、乳酸菌が10倍に増えたという結果も報告されています。納豆と一緒に乳酸菌を摂取するなら植物性乳酸菌が豊富に含むキムチと合わせて、納豆キムチにすると良いでしょう。

ビフィズス菌と乳酸菌と酪酸菌

ビフィズス菌と乳酸菌だけでなく、酪酸菌を腸内環境に増やすことによって、さらなる健康効果が期待できます。ビフィズス菌が酪酸菌に働きかけて
、過剰な免疫反応を抑制する酪酸を生み出します。

また、酪酸菌の主なものとして、フィーカリバクテリウム・プラウスニッツィ(Faecalibacterium prausnitzii)やクロストリジウム・ブチリカム(Clostridium butyricum)などがあります。

ビフィズス菌を増やすのに役立つ乳酸菌とオリゴ糖

腸内環境を整えてくれる善玉菌のひとつであるビフィズス菌は、乳幼児の頃には腸内にたくさん生息しているものの、大人になるに従い次第に割合が減ってきてしまいます。
ビフィズス菌と乳酸菌
ビフィズス菌が腸内で作り出す酢酸には、悪玉菌が増えるのを抑えてくれたり腸の粘膜を保護する効果にくわえて、花粉症や肥満を予防する効果があることも分かってきており、人の全身の健康に役立つと考えられています。

また乳酸菌も整腸作用やアレルギーの抑制機能・美肌効果などが期待される善玉菌です。ヨーグルトはもちろんキムチや漬け物・味噌などにも入っています。

乳酸菌は生きた状態で腸まで届かなくては意味がないとおもわれがちですが、菌の成分自体に腸内環境を整える効果があるため、殺菌済みのものでも効果が期待できます。

オリゴ糖もビフィズス菌や乳酸菌とともに腸内環境を整えて便秘を解消するために役立つと言われていますが、ビフィズス菌のようにオリゴ糖自体が悪玉菌を退治し減らすことができるわけではありません。

しかしオリゴ糖はビフィズス菌をはじめとした腸内の善玉菌のエサとなり善玉菌を増やすのに役立ちます。ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌とオリゴ糖を組み合わせると効果が増すでしょう。

ビフィズス菌や乳酸菌でダイエットしたいなら

ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌や乳酸菌はダイエットに効果があると言われています。腸内細菌は小腸や大腸で摂取した栄養素の消化と吸収を行っていますが、健康な時は善玉菌の方が数が多いと言われています。
ビフィズス菌と乳酸菌
しかし、善玉菌よりも悪玉菌が増えてしまった場合、体にさまざまな悪影響が出てきてしまうのです。腸内細菌のバランスは睡眠不足やバランスの悪い食生活、ストレスなどが原因で乱れてしまうと言われています。

そのため健康的な腸内環境を維持したいという場合、善玉菌を増やす必要があるのです。ビフィズス菌には整腸作用があるため、便秘解消の効果で注目を集めています。また、肥満を防止する効果が期待できる種類もあるということです。

ビフィズス菌にはさまざまな種類がありますが、サプリメントや健康食品を利用すれば手軽に摂取することができます。しかし、菌が体質に合わない場合は下痢などの症状が出てしまうこともあるので注意が必要です。

ダイエットのためにはビフィズス菌を摂取するだけでなく、腸内細菌のバランスを整えることもポイントです。ビフィズス菌などの善玉菌は一度摂取すれば体内にずっと定着するわけではないため、毎日補うようにしましょう。継続することで少しずつ体質を変えることができるのです。

乳酸菌だけでなくビフィズス菌が入っているヨーグルトとは?

ヨーグルトは美味しいということでも人気がありますが、健康に良い影響を与えるということでもかなり注目されている食品です。そんなヨーグルトがなぜ身体によいかというと、乳酸菌が入っている発酵食品ということで腸内環境を良くしてくれるということが一般的に知られています。
ビフィズス菌と乳酸菌
しかし一方であまり知られていないのがヨーグルトの中でもビフィズス菌が入っているものもあるということと、そのビフィズス菌が身体にどのような影響を与えるかということです。

まずビフィズス菌は乳酸菌と同じように体内で糖質や食物繊維を取り込んで乳酸を生成します。ここまでは同じですが、違うのはビフィズス菌の場合はそれ以外に酢酸を多く生成するということです。

実は、この酢酸が腸内環境により良い影響を与えるという調査結果が出ています。というのも酢酸は強い酸性なので、かなり殺菌能力を持っているのです。そしてこの殺菌作用で悪玉菌が繁殖するのを防いでくれるので、健康に良い影響があると言われています。

ただもともとビフィズス菌は体内に数多く存在する菌です。しかし、この菌は年齢とともに減少していく傾向があるとされています。そのため、食事により摂取することでその働きを助けてあげることが必要だと言われています。なのでヨーグルトを購入する際には乳酸菌だけでなくビフィズス菌も含まれているものを選ぶと良いでしょう。

乳酸菌のいろいろな分類とビフィズス菌

乳酸菌と言うと、乳製品を思い浮かべる人が多くいます。名前からして、牛乳に含まれているような気がします。残念ながらそれは間違ってはいませんが正しくはありません。乳酸菌は乳酸を産出できる細菌のことを総称している言葉です。
ビフィズス菌と乳酸菌
乳酸が腸で増殖することで弱酸性になると悪玉菌が増殖しにくい環境になります。乳製品のように動物から由来するものを動物性、食物の発酵によるものを植物性に分類することができます。摂取することで腸に届くことでどちらも同じように善玉菌として機能します。

乳酸菌は、特徴によって大きく分けるとラクトバシラス属、エンテロコッカス属、ラクトコッカス属、ペディオコッカス属、リューコノストック属、ストレプトコッカス属の6つに分類することができます。

そのうちラクトバシラス属は多くの食品の発酵に利用されるものです。また、産出する物質の違いによって分類することもできます。それがヨーグルトなどによく用いられるビフィズス菌です。

ビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸も産出働きがあります。酢酸は悪玉菌の増殖を抑制する働きがあり、乳酸だけよりもさらに効率よく腸内環境を高めることができるため、積極的に摂ることが期待されます。

ビフィズス菌を増やす働きのある納豆菌

ビフィズス菌は腸内に生息する善玉菌で、腸内フローラを安定化させる働きが存在し、それにより本来の体が持っている免疫細胞が強化され健康体になることが可能です。一方、腸内では悪玉菌も存在し悪玉菌が増加してしまうと免疫細胞が弱まり、病気になったりしやすくなります。

ビフィズス菌は悪玉菌の繁殖を抑えることもでき、腸内を良好な状態に保つことが可能で、アレルギー症状や病気にもなりにくくすることが可能です。ビフィズス菌は、みそやチーズ、ヨーグルトなどといった発酵食品類に主に含まれており、知らず知らずに人間はそれを食べることで取り入れています。

なかでも古来より健康に優れた食品である納豆は、毎日の食卓でも食べられることが多いですが、その納豆のねばねば成分には納豆菌が豊富に存在します。納豆菌はビフィズス菌を増やす働きのある菌で、他にも悪玉菌類を一掃する効果がある優れた菌です。

納豆菌自体は腸内に留まることもなく、排出されてしまう通過菌に分類されますが、胃酸などでも死滅せずにそのまま腸内まで届けてくれます。また悪玉菌の増殖の原因となる腐敗菌などを取り除くこともできるため、健康のためにそれを食べることを各種マスコミなどの報道でも摂取が奨励されています。

乳酸菌とビフィズス菌は結局どっちがいいのかを確認しよう

健康と美容のためには腸内環境を整えておくことも大事ですが、腸内の健康には乳酸菌やビフィズス菌が良いとされています。それゆえ、たっぷり摂れるよう食事に気を使ったり、サプリメントや健康食品を活用している人も少なくありません。

乳酸菌もビフィズス菌も善玉菌として知られており、同じようなイメージもありますが、結局のところどんな違いがあるのか、乳酸菌とビフィズス菌では健康にどっちがいいのか良く知らないという人もあるのではないでしょうか。

その違いも知っておきたいですが、まずどちらも人間の腸内に生息する善玉菌です。ビフィズス菌は主に人間や動物の腸内に生息する菌で酸素があると生きていくことはできません。

これに対して乳酸菌は動物や人間の腸内だけではなく発酵食品にも見られ、酸素があっても生息していけるので自然界に広く生息しているという違いがあります。

どちらも健康には欠かせない菌ですが、特にビフィズス菌は便秘や下痢などの不調を防ぐのにはなくてはならないものです。そして乳酸菌は抗肥満作用もありますので、ダイエットにはなくてはならない善玉菌です。

乳酸菌とビフィズス菌はどちらも免疫力の強化や抗アレルギー作用がありますので、どちらもバランス良く摂りいれていきましょう。

ビフィズス菌と乳酸菌は便秘関係どっちがいい?同時や納豆菌、酪酸菌のまとめ

頑固な便秘で悩むならビフィズス菌と乳酸菌のどっちがいいのだろうか!大腸の善玉菌の99.9%がビフィズス菌であることを考えれば分かる。同時に摂取すればさらに良いが、ヨーグルト効果に加え納豆菌や酪酸菌だったりオリゴ糖、水溶性食物繊維などで増やす食べ物は何か?

ビフィズス菌サプリ

乳酸菌サプリに比べて少ないのですが、ビフィズス菌サプリは複数存在します。さらにいうと乳酸菌サプリとして売られていてビフィズス菌が入っていたりするものもあります。
ビフィズス菌と乳酸菌
ビフィズス菌は大腸の善玉菌ですので、自分の大腸に合うビフィズス菌の種類を摂取し、大腸の腸内環境を変えられるほどの数量を摂取しないと意味がありません。

摂取したビフィズス菌と腸内の善玉菌の相性が悪ければ、善玉菌は増えませんし、腸内の悪玉菌を減らす効果があるビフィズス菌の数量がなければ焼け石に水で効果はありません。

ですので、ビフィズス菌の種類と数量を考慮した上で、ビフィズス菌サプリを選ぶランキング記事を作成しましたので、下記を参照して下さい。


ビフィズス菌と乳酸菌
▶ビフィズス菌サプリランキング