ビフィズス菌で効果ない

ビフィズス菌で効果ないなら下剤でも飲むしかないのでしょうか?ビフィズス菌は大腸の善玉菌の99.9%を占めているので、十分な種類と数量を摂取すれば大腸の腸内環境が整えられます。
ビフィズス菌で効果なし
腸内フローラが改善された状態にも関わらず、頑固な便秘や下痢の症状が続くようなら、腸のぜんどう運動に着目する必要があるかも知れません。

大腸の環境が良くても腸が動かなければ便は動いて肛門まで届きません。さらにいうなら、大ぜん動がないとうんちが出やすい状態にはなりません。では、ビフィズス菌の効果を発揮させるための方法について見て行きましょう!

ダイエット先生ダイエット先生

テキスト

ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌はヨーグルトなどに含まれ、腸内環境を整えることで知られています。そんなビフィズス菌には他にどんな効果があるのか見ていきましょう。
ビフィズス菌で効果なし
まず、ビフィズス菌と聞いて思い浮かぶのは便秘解消などの整腸作用ですよね。これはビフィズス菌が産出する乳酸や酢酸といった有機酸が、悪玉菌の増殖を防ぐことで腸内環境が改善され得られる効果です。

次に感染防御作用もあります。ビフィズス菌は腸内の善玉悪玉のバランスを整えるので、病原菌の感染を防ぐ効果があるのです。風邪やインフルエンザなどに有効なので感染予防ために摂取したいですね。

次に血中脂質改善作用についてです。脂質の代謝がスムーズにいかないと血中のコレステロール値や中性脂肪が増えていきます。ビフィズス菌は腸内の善玉菌を増やすので、腸内のバランスを整え脂質代謝を改善する効果があるのです。

つまり肥満や、それに伴う動脈硬化や心筋梗塞の予防になります。このようにビフィズス菌には、便秘解消だけではなく健康への嬉しい効果が沢山あります。

善玉菌を増やし腸内環境を改善するには一回摂れば永遠に効果が続くという訳ではないので、毎日継続することが大切です。ヨーグルトやサプリメントなどで摂取して美味しく気軽に続けたいですね。

ビフィズス菌の効果で便秘

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌には便秘を改善する効果があると聞いたことのある人も多いでしょう。腸内に悪玉菌が多いと腸がアルカリ性になってしまい、細菌が繁殖しやすい状態となります。
ビフィズス菌で効果なし
腐敗発酵も促進するため、ガスが発生することでお腹が張ってしまうということです。ビフィズス菌は発酵することで乳酸を作ったり、酢酸を生み出すという効果があります。

酢酸には腸内を酸性にするという働きがあるため、酸性に弱い悪玉菌の増殖を抑えてくれるということです。結果として腸内に善玉菌が多くなるということです。

善玉菌が優勢になると消化吸収が活性化されますし、便を押し出す動きも活発になります。ヨーグルトで便秘を改善したいという場合、ビフィズス菌との相性がポイントとなります。

体質にとってどの菌が合うのかは異なってくるため、いろいろなヨーグルトを試してみると良いでしょう。便秘を改善するためには朝と夜の2回に分けてヨーグルトを食べるのもおすすめです。

1日に食べる量は200~300gで良いとされており、食べ過ぎると下痢になってしまうこともあるので注意が必要です。ちなみに、食事をしてから食べたものが消化されるまでには24~72時間かかると言われています。そのため最低でも3日間は同じヨーグルトを食べてみましょう。

ビフィズス菌の効果で下痢

下痢には急性のものと慢性のものがあり、暴飲暴食や冷えなどによってや食中毒やウイルスによって起こるのは急性で、慢性のものは「過敏性腸症候群」によるケースで症状が2~3週間以上続くタイプです。
ビフィズス菌で効果なし
急性のものは激しい症状が多く腸が活発に動いている為しっかり休ませることが重要なので半日~1日くらい絶食となります。よってこの時にビフィズス菌の摂取は効果的ではないものの、絶食の後回復期からはむしろ免疫力を上げるので摂取が良いとされます。

慢性のものは摂取に最適とされ、お腹を冷やすと効果が上がらなくなるのでそれに注意して撮るのが良い方法です。また水っぽい便で黄色っぽくて乳酸菌独特のなんとなくすっぱいニオイの状態の場合ビフィズス菌が多すぎる事によるので摂取をいったん止めてイモ類やゴボウなどの根菜で便の材料となる食物繊維を食べる事で下痢が改善するのが殆どです。

下痢の問題だけでなくビフィズス菌は、乳酸や乳酸菌にはつくれない酢酸という有機酸をつくります。これは悪玉菌の増殖を防いで腸内環境を整えるのでさまざまな生理機能を発揮します。

さらに酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑えますが大人になると劇的に減ってしまうので摂取する事で健康になる面もあるのがポイントとなります。

ビフィズス菌の効果でダイエット

ビフィズス菌はダイエットに効果があると言われています。それは腸内フローラの環境を改善する効果があるためです。腸内フローラは近年話題になっている単語ですが、大腸の中の菌の集団がお花のような形に見えることからその名前が付きました。
ビフィズス菌で効果なし
腸内の菌は善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌の3種類で構成されています。近年の研究から痩せている人や痩せやすい体質の人はこの菌の割合が、善玉菌優位であることが分かったのです。

善玉菌を増やすには腸内環境を整えることが大切ですが、その際にビフィズス菌がとても役に立つのです。ビフィズス菌を積極的に摂取することによって、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす効果があると言われています。

腸内環境を整えるだけで食べても太りにくい痩せ体質に近づけるというのは素晴らしい発見です。またそれ以外にも免疫力の向上などにも効果が期待できるため、体質改善を行いたい人にも向いています。

ビフィズス菌は、ヨーグルトで気軽に摂取することができます。様々なフレーバーのヨーグルトがありますから、ダイエット中のおやつや自分へのご褒美としても気軽に摂取することができます。

日頃からビフィズス菌を摂取して、ダイエットや体質改善に役立出るようにしましょう。

ビフィズス菌の効果が出るまで期間

腸内環境が身体の調子をつかさどると言いますが、実際に腸内環境が乱れると便秘や体調の不調だけでなくメンタル的にもバランスが乱れ、日々の生活がスムーズでなくなります。腸内環境を整えるのに効果があるのはまず食物繊維ですが、腸内細菌のエサになるビフィズス菌も忘れてはいけません。
ビフィズス菌で効果なし
腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいてそれぞれバランスが保てているときには快腸と言えますが、一旦バランスが崩れると腸内環境が悪くなり体調不順につながります。

腸内細菌のバランスを自然な状態に整えるのがビフィズス菌ですが、摂取する時間によって効果が異なります。ビフィズス菌は大腸と小腸まで届くのに時間がかかるので、一番効果が期待できるのは朝一番に飲むことです。

多めの水と一緒に摂取することがお勧めです。サプリで摂る場合はできるだけ多くの種類の菌が含まれているものを選ぶ方がいいです。なぜなら効果のある菌は人によって違うからです。

もし数種類しか菌が入っていない場合すべて自分に合わない菌であったならばせっかく摂取しても意味がありません。それにプラス水溶性、不溶性の食物繊維を毎日欠かさず摂れば腸内環境がかなり改善されることが期待できます。

ビフィズス菌の効果的な取り方

ビフィズス菌は整腸作用の他、内臓脂肪の低減や感染症予防など様々な効果が存在するとされ、毎日を健康に送るために欠かすことができない有用菌です。
ビフィズス菌で効果なし
ただビフィズス菌は薬と違うため、摂取するタイミングに基本的に拘る必要はないとされますが、一方では効果を発揮させる効果的な取り方を推奨されることもあります。

もっともビフィズス菌はなるべく生きて腸まで届けることを有効とする意見もあり、例えば食後などは食物を消化するため胃酸が薄まっていることもあり、そのタイミングでビフィズス菌を摂取することが重要とします。

胃酸などの影響を受けやすいのがビフィズス菌の特徴で、胃酸が薄まっている状態であれば活性化されたまま胃腸に届きます。またビフィズス菌には増殖を促すエサとなる栄養成分もあるため、それらと一緒に摂取することも効果的な取り方となります。

そのエサにはオリゴ糖や食物繊維が該当し、これらと一緒に摂取すれば菌自体の活性化に繋がることも可能です。もっとも食事では果物や野菜などをたっぷりと摂取を行い、その後にデザートとしてヨーグルトなどを食べる流れにすると効果的に摂取を行うことができます。空腹時よりも何かと一緒に食べながらや食べ終わった後のタイミングが、最適な状態になります。

ビフィズス菌の効果的な飲み方

ビフィズス菌には腸内の悪玉菌が増えるのを防ぎ、腸の粘膜を保護してくれるといった人間の健康に役立つ機能があり、そんな効果が期待できるビフィズス菌が含まれたヨーグルトや乳酸菌飲料などの製品は多くの人気を集めています。
ビフィズス菌で効果なし
それらの製品には生きている状態のビフィズス菌が入っていることが多く、腸内に取り入れることで善玉菌の割合が増えることを期待している人も多いでしょう。

しかし、ビフィズス菌は乳酸菌と同様に酸に弱い性質をもっているため、摂取のしかたによっては生きた状態の菌が減ってしまうことも少なくありません。

残念ながら生きた状態で腸まで届けることができなくても、他の善玉菌のエサとなるため無駄になることはありませんが、できることなら生きた状態で腸まで届き、元気に酢酸を作り出して腸内環境を整えてもらいたいものです。

ビフィズス菌の働きをもっとも得られやすいビフィズス菌製品の効果的な飲み方は、酸の影響をできるだけ受けないように胃酸が薄まっているタイミングで飲むようにすることです。

そのため胃酸が濃い空腹時を避けて、食後に摂るのが良いでしょう。また飲むなら生きたまま届きやすいビフィズス菌製品を選ぶのも効果的な飲み方です。

ビフィズス菌に効果なし?

体の調子が気になるため、ビフィズス菌を摂取したものの効果がないという人もいます。せっかく摂取したのに、どうなっているのだろうかと思ってしまうでしょう。
ビフィズス菌で効果なし
効果なしの場合には、普段の生活スタイルも見直してください。確かにビフィズス菌を摂取すれば、腸内環境だけではなく体の環境も改善することができます。

その効果を期待してビフィズス菌を摂取している人もいますが、普段の食生活のバランスがとれていなければ、効果を期待することはできません。油っこいものやレトルト食品を食べていると、含まれている添加物によって、腸内の悪玉菌が増加してしまいます。

せっかくビフィズス菌を摂取したとしても、その効果も無駄になってしまいます。また、ストレスの多い生活を続けていれば、腸内の動きが低下するため便秘解消効果も得ることはできません。

過剰なストレスをいつも感じていることによって、便秘や老廃物の解消が上手くいかず、体全体の活動に影響を及ぼすことになります。本当の意味で健康になりたいなら、ビフィズス菌を摂取しながら生活改善も行ってみましょう。

食事はできるだけ自炊をし、バランスがとれるように気を付けることや、ストレスフリーな生活を送ることは重要です。

ビフィズス菌とは

人間の腸内には様々な細菌が活動をしており、腸内細菌の数は数百兆個にも及びます。中でも体に良い働きをしているビフィズス菌の発見は1899年のことでした。
ビフィズス菌で効果なし
ビフィズス菌とは善玉菌と呼ばれている腸内細菌のことで、他の善玉菌よりも遥かに多くの数が腸内に存在しています。そのためビフィズス菌が人間の腸内に適していることが伺えます。

現在判明しているビフィズス菌は50菌種に分類されていて、菌の住んでいる場所は種類によっても異なっています。人間の体内に住んでいるビフィズス菌は動物の体内には存在していないことから、それぞれのビフィズス菌には適した環境があるということです。

ビフィズス菌は整腸作用をはじめとする腸内環境を整える働きをしています。同じように善玉菌として知られている乳酸菌よりも整腸作用が強いのが特徴です。

ビフィズス菌を摂取するタイミングとしては、胃酸の影響が少ない食後がベストです。ビフィズス菌は餌となる食物繊維やオリゴ糖と一緒に食べることで最大の効果を発揮し、感染予防や骨補強作用や脂肪の蓄積のブロックや体脂肪の低下などの効果もあります。つまりビフィズス菌は健康を保つ大きな役割を果たしていると言えます。

ビフィズス菌ヨーグルト

ヨーグルトには、乳酸菌入りのものとビフィズス菌入りのものが売られているのが主流と言えます。しかし、乳酸菌いりのものよりビフィズス菌入りのものの方が高い技術が必要になるためたくさんある種類の中でも一部の商品にしか入っていないということがあるのです。
ビフィズス菌で効果なし

この、ビフィズス菌とは人の腸内に最も多く住んでいる菌であり有用な菌でもあります。そして、この菌の主な舞台は大腸であり大腸の中の大敵でもある悪玉菌と戦ってくれる大切な役割を担っているのです。

しかも、たくさんある菌の中でも乳酸菌の割合とビフィズス菌の割合は乳酸菌が0.1パーセントに対してビフィズス菌が99.9パーセントであり大腸の善玉菌の大多数がビフィズス菌なのであります。

このように、大腸を整える役割を担っている重要な菌であるのです。しかし、近年では感染防御作用やアレルギー予防作用それだけではなく発がん予防作用などの役割も報告されておりこういった点からも何十年と注目されている菌でもあります。

そういったことからも、なんとなく聞き馴染みの良さだけでヨーグルトを購入していた購入者の方はもう一度ビフィズス菌が入ったヨーグルトの購入をおすすめしたいものであります。


ダイエット
▶ビフィズス菌ヨーグルト

ビフィズス菌の多いヨーグルト

ビフィズス菌の多いヨーグルトとしては、下記があります。
ビフィズス菌ヨーグルト

  • 森永:ビヒダスヨーグルト
  • 雪印メグミルク:ナチュレ恵megumi
  • co-op:プレーンヨーグルト生乳100%
  • 小岩井:生乳100%ヨーグルト

ビフィズス菌と乳酸菌の効果

乳酸菌とビフィズス菌にはいろいろな効果があり、例えば乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌は腸内において糖を分解し乳酸を作ることが可能です。
ビフィズス菌で効果なし
このことによって腸内を酸性にし悪玉菌などが増殖するのを抑制することができたり、体外から侵入する病原菌の増殖などを阻止することで感染を予防する働きを行います。

病原菌などに汚染されている食べ物を食べたとしても、激しい食中毒の症状が出る人や軽い下痢ぐらいで済む人もいますが、この差は腸内において乳酸菌とビフィズス菌などの善玉菌などが防衛しているかどうかによって症状がそれぞれ異なると言われています。

善玉菌は腸の蠕動運動を活発することができるので、排便を促進することにより便秘や下痢などを防ぐ整腸作用があります。消化吸収を助けたりビタミンや有機酸などを産生することができ、免疫などを調節する効果があるのでさまざまな健康を助けてくれます。

消化吸収を補うことができたりビタミンや有機酸などの産生、アレルギー症状などを抑えることができ、病気に対する抵抗力も付けることが可能です。

免疫調節などの人にとって有用な働きをしてくれる菌で、特にビフィズス菌や乳酸菌は腸内フローラの舞台である大腸において善玉菌はほぼビフィズス菌になります。

ビフィズス菌の種類

ビフィズス菌は自然界に50種類弱も存在しています。哺乳類から昆虫までさまざまな生物の中に存在して健康に関与しています。そのうちで人に関係すると言われているのは10種類程度です。
ビフィズス菌で効果なし
人種や地域によって腸内に生存する種類が異なることも研究によってわかっています。それぞれの違いと特徴を説明します。

ビフィダム種は、世界で初めて発見された種類で、昔から人の健康に関与してきました。酸素や胃酸に弱いのでそのまま摂取しても腸に届けることが難しい種です。

大腸内に存在する割合が高いのがロンガム種で、他の種と比べて酸に強く大腸に届きやすい種になります。日本人の成人にも棲息しており、この種を含んだヨーグルトが発売されています。

その他に酸に強い種としてアニマリス種があります。腸の炎症を抑える効果があることが研究によって判明し、注目を集めています。

乳幼児の大腸に存在しているのがブレーベ種で、アレルギー症状を軽減する効果が期待を集めいています。日本人が発見したカシワノヘンス種は、これからその特徴を研究していくことになります。

免疫力を高めて、ウィルス感染を抑制する効果が発見されたアドレッセンティス種もあります。このように数多くの種類が存在しますが、今後も研究によって新たな働きが発見されるはずです。

ビフィズス菌B3

ビフィズス菌B3は、年齢とともに気になる体重・体脂肪の増加を抑える力があります。腸内の細菌のバランスを整えてくれる特徴があり、肥満型の人を太りにくい体質に変えることが出来て、脂肪が蓄積されるのを防止して脂肪の減少につなげてくれます。
ビフィズス菌で効果なし

そして、生活習慣病の引き金となる内臓脂肪・スタイルが気になる皮下脂肪を減らすことが出来ます。同時にお酒を飲む方には嬉しいγ‐GTPも有意に低下させて肝機能の改善も期待が出来て、HDLコレステロールを増加させ動脈硬化の抑制をしてくれます。

肌の保護作用もあり紫外線から肌を守ってくれるので、ダイエットなどで食事制限をして肌荒れなどに悩んでいる方にも美肌効果を期待できます。

酸素があっても繁殖できる乳酸菌にたいして、ビフィズス菌B3は基本的には酸素があると繁殖できない栄養素な為に、食品から摂取することが出来ずにビフィズス菌が添加されている食品から取る必要があります。

現在は、ヨーグルトに含まれていないので、ビフィズス菌B3が含まれているサプリメントを摂取するしかありません。サプリメントの中には、腸内フローラルを整えて痩せ菌を増やしてデブ菌を減らすものが配合されている物があります。

ビフィズス菌BB536株

ビフィズス菌BB536株とは正式名称は「ビフィドバクテリウム(ビフィズス菌正式名称)・ロングム(菌の種類)・bb536(菌株名)」と呼び、1969年に発見された生きたまま大腸まで届く代表的なビフィズス菌です。
ビフィズス菌で効果なし
一般的にビフィズス菌は酸や酸素に弱いものの、この菌は酸素や酸に強い性質を持っている上に、食品に加工を行っても摂取で胃酸などによって死滅しないで生きたまま大腸まで届くと言った他のビフィズス菌とは違う特徴があります。

またビフィズス菌BB536株は整腸作用だけでは無く、アレルギーの症状を緩和する作用やインフルエンザの発症を予防や腸管出血性大腸菌O(オー)157の感染を抑える効果があります。

整腸作用は少量の30g(約カレースプーン1杯分)の摂取の習慣でも十分に高い効果があり摂取開始1週間後から便の性状が改善するほどです。

この作用として便秘では腸内が酸性に保たれて蠕動(ぜんどう)運動が活発化で改善され、下痢を改善する場合では悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を正常に保つことで効果が上がるとされています。

摂取によって悪玉菌の繁殖を抑えるので、大腸がんのリスクを減らす効果も期待出来るという所もポイントとなります。

ビフィズス菌BB536の効果

ビフィズス菌BB536は、1969年に健康な乳児から発見されて以来、赤ちゃんの健康を守る栄養素の1つです。世界中から注目されていて、サプリメントなども多く開発されています。
ビフィズス菌で効果なし
人の中に居る種類の中でもお腹に適した菌で、酸・酸素にも強いので生き残りやすく、赤ちゃんの腸内から人の中に居るビフィズス菌で、ヨーグルト製品の中でも長く生き続けられてビフィズス菌BB536は毎日腸に届けるのにも最適になります。

整腸効果があり腸内環境を良好にして、排便回数を増やし悪玉菌が作り出すアンモニアの発生を抑えてくれます。大腸菌の表面の細胞を保護して外敵から腸を守り、病原性O-157やインフルエンザの感染症を防ぐ効果が期待できます。

アレルギーを予防する効果もあり、腸内細菌や腸の壁の内側の免疫細胞に働きかけて、免疫のバランスを崩れにくい様に改善してくれます。

大腸の粘膜に炎症が起きてただれたり潰瘍が出来てしまった場合に、ビフィズス菌BB536を摂取すると潰瘍性大腸炎が軽くなります。

腸内が酸性になるとカルシウムが吸収されやすくなり、牛乳などのミルクカルシウムを一緒に摂取すると骨の強度を高める効果が高まり、効率よくカルシウムを摂ることが出来るようになります。

ビフィズス菌で効果なし?ダイエットに便秘が出るまでの期間と取り方のまとめ

ビフィズス菌で頑固な便秘や下痢に効果なしだと困る。ビフィズス菌でダイエット効果ないとかならまだしもウンチが出るまでの期間と効果的な取り方を考えても乳酸菌も入っているヨーグルトでB3やBB536などの種類を十分な数量摂取してもダメならどうすれば良いのか?

ビフィズス菌サプリ

乳酸菌サプリに比べて少ないのですが、ビフィズス菌サプリは複数存在します。さらにいうと乳酸菌サプリとして売られていてビフィズス菌が入っていたりするものもあります。

ビフィズス菌は大腸の善玉菌ですので、自分の大腸に合うビフィズス菌の種類を摂取し、大腸の腸内環境を変えられるほどの数量を摂取しないと意味がありません。

摂取したビフィズス菌と腸内の善玉菌の相性が悪ければ、善玉菌は増えませんし、腸内の悪玉菌を減らす効果があるビフィズス菌の数量がなければ焼け石に水で効果はありません。

ですので、ビフィズス菌の種類と数量を考慮した上で、ビフィズス菌サプリを選ぶランキング記事を作成しましたので、下記を参照して下さい。


ダイエット
▶ビフィズス菌サプリランキング

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。 医者・医師 また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。
公益社団法人日本広告審査機構
広告内容でお困りなら公益社団法人日本広告審査機構に問い合わせてみましょう。
  • 電話番号:033-541-2811
  • 住所:東京都中央区 銀座2-16-7