ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌BB536は、森永乳業が研究しているビフィズス菌であり、人間の腸内フローラに適した菌で、酸や酸素に強いので生きて腸まで届き、整腸作用から感染症予防、骨補強作用などの効果が期待できます。
ビフィズス菌BB536
ビフィズス菌は嫌気性なものが多いので酸素があるところで生きられず、酸にも弱いことから腸に届く前に死滅してしまうことが多いのですが、ビフィズス菌BB536はその点が他と大きく違うので、腸内環境を整え便秘解消に役立つと思いませんか?

ダイエット先生ダイエット先生

大腸の善玉菌の99.9%はビフィズス菌ですので、生きて腸まで届くビフィズス菌BB536は非常に貴重な存在です。

ビフィズス菌BB536の商品

ビフィズス菌BB536の商品としてヨーグルトやサプリメントがあります。ビフィズス菌を痩せ菌ダイエットに応用したのが、痩せ菌サプリです。詳しくは、下記の特集記事を参照して下さい。


ダイエット
▶痩せ菌ダイエットサプリ

ビフィズス菌BB536株

ビフィズス菌BB536株とは正式名称は「ビフィドバクテリウム(ビフィズス菌正式名称)・ロングム(菌の種類)・bb536(菌株名)」と呼び、1969年に発見された生きたまま大腸まで届く代表的なビフィズス菌です。
ビフィズス菌BB536
一般的にビフィズス菌は酸や酸素に弱いものの、この菌は酸素や酸に強い性質を持っている上に、食品に加工を行っても摂取で胃酸などによって死滅しないで生きたまま大腸まで届くと言った他のビフィズス菌とは違う特徴があります。

またビフィズス菌BB536株は整腸作用だけでは無く、アレルギーの症状を緩和する作用やインフルエンザの発症を予防や腸管出血性大腸菌O(オー)157の感染を抑える効果があります。

整腸作用は少量の30g(約カレースプーン1杯分)の摂取の習慣でも十分に高い効果があり摂取開始1週間後から便の性状が改善するほどです。

この作用として便秘では腸内が酸性に保たれて蠕動(ぜんどう)運動が活発化で改善され、下痢を改善する場合では悪玉菌の増殖を抑えて腸内環境を正常に保つことで効果が上がるとされています。摂取によって悪玉菌の繁殖を抑えるので、大腸がんのリスクを減らす効果も期待出来るという所もポイントとなります。

ビフィズス菌BB536ヨーグルト

ビフィズス菌BB536ヨーグルトとしては、森永乳業のビヒダスヨーグルトがあります。食べるタイプだけでなく、飲むヨーグルトのビヒダスもあります。ラクトフェリンとビヒダスBB536の飲むヨーグルトもありますよ。
ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌BB536サプリ

ビフィズス菌BB536サプリとしては、下記のようなものがあります。

  • DHC:届くビフィズスEX
  • ヘルスエイド:ビフィーナS
  • ファンケル:内脂サポート

ビフィズス菌BB536のヨーグルトメーカー

ビフィズス菌BB536のヨーグルトメーカーには二つの意味があり、ビフィズス菌BB536のヨーグルトを作るメーカー会社とビフィズス菌BB536のヨーグルトを作れるヨーグルトメーカーという意味があります。
ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌BB536で森永

ビフィズス菌BB536で森永の商品は、ビヒダスヨーグルトです。食べるタイプのヨーグルトだけでなく、飲むタイプのドリンクヨーグルトもあります。

ビフィズス菌BB536でDHC

ビフィズス菌BB536でDHCの商品は、届くビフィズスEXを指します。

ビフィズス菌BB536でダイエット

ビフィズス菌BB536は、数ある乳酸菌の中でも胃酸や熱に強い性質を持っているので生きたまま腸までしっかり届けることができます。
ビフィズス菌BB536
健康な乳児から発見された腸に棲む種類のビフィズス菌なので、腸に棲みついている善玉菌のビフィズス菌の量を増やすことが可能です。

腸内環境を整えながら痩せ菌が増えやすい環境づくりに貢献してくれるので、ダイエットを目指す人に最適のビフィズス菌と言えます。

ビフィズス菌BB536を摂取してダイエットを成功させるには、空腹時は胃酸の濃度が高まっているので食後に飲むようにします。
そして善玉菌を増やして悪玉菌を減らす痩せ菌有利の状況を整えるには、適度な運動をすることも大切です。

自分の代謝をあげながら腸の環境を整えるのに運動は不可欠ですが、中でもオススメなのがスクワットです。肩幅を広げてスクワットすると腸の動きをサポートする腸腰筋を鍛えることができるので、毎日10回実践しましょう。
ビフィズス菌BB536
腰ひねり体操も効果的で、体をひねると腸のぜん動運動を促進するので便秘の解消につながり、くびれを作ることもできるので一石二鳥です。

やり方は簡単で、立った状態で対角線上の肘と膝をくっつけるようにひねるようにし、左右10回ずつ行います。腸内環境を整えることはダイエットの近道なので、生きたまま乳酸菌を腸に運んで善玉菌の数を増やしてくれるビフィズス菌BB536を試してみましょう。

ビフィズス菌BB536で潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は、花粉症などのアレルギー症状と同じように免疫反応の異常が起こす病気と考えられています。大腸の粘膜に炎症が起きることで潰瘍などの症状が起こるので、大腸の善玉菌であるビフィズス菌BB536が症状緩和に役立つというわけです。

ビフィズス菌BB536の口コミ

ビフィズス菌BB536の口コミには、おおむね良い口コミが多く、頑固な便秘が解消されたとか、肌の調子が良くなったなどが目立ちます。悪い口コミは腸内細菌と合わないのか効果なしって感じというのがありますね。
ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌BB536とエクオール

大豆イソフラボンは女性ホルモンに類似する作用を持つことから、更年期前後のホルモンバランスの失調気味な体調には嬉しい作用を期待できます。

最近の研究では大豆イソフラボンが腸内細菌(ビフィズス菌BB536)の作用によって、エクオールと言う物質が生成されることが特に重要な事実が明らかにされています。


更年期障害
▶エクオール

そこで本稿ではビフィズス菌BB536とエクオールの関係について御紹介して参りましょう。大豆に含まれるポリフェノールの一種の大豆イソフラボンには女性ホルモンに類似した作用を持つことは経験則上知られていましたが、そのメカニズムが解明されたのは1984年のこと。

大豆イソフラボンは大別すると3種類存在しますが、その一つ「ダイゼイン」は腸内に存在するビフィズス菌BB536によって代謝されるとエクオールと言う物資が生成されることになります。

このエクオールには女性ホルモンに似た作用を持つことがわかり血管の柔軟性の維持や皮膚水分の保持や更年期症状の緩和などに大きく寄与することが研究によって明らかになったわけです。

また腸内には人体の免疫機能の相当部分の細胞が存在することも知られており、ビフィズス菌BB536を含んだ食品を摂取することには、免疫機能を賦活する作用も期待できる訳です。

ビフィズス菌BB536と花粉症

ビフィズス菌BB536は、乳酸菌の中でも研究が進められていて、花粉症に作用することも認められています。腸には免疫細胞の約6割が密集している体の重要な免疫機関です。

その為に、腸内環境が悪くなってしまうと免疫バランスが崩れたり、花粉症の症状がひどくなる場合があります。特にビフィズス菌BB536は、胃の粘膜を刺激する作用があり、熱や酸にも強いので生きたまま腸に到達する作用がアレルギーに作用する働きをします。

この「抗アレルギー」「整腸作用」の2つが花粉症の症状を緩和と抑制をして、お腹の症状を整えながら、花粉症の症状まで和らげてくれます。

花粉症の症状を緩和させるためには、花粉が飛び始める1か月前からビフィズス菌BB536を飲み始めると、効果を感じやすくなります。

花粉が飛び始めてからでも効果はあるので、いつ飲み始めるかよりも飲み続ける継続することが重要です。特にヨーグルトなどは生きたまま腸に留まることが難しいので、サプリメントが1番おすすめになります。カプセルが乳酸菌を包んでくれているので、腸に生きたままの乳酸菌を届けられます。

コストを抑えられて、簡単に摂取ができるので継続もしやすく、効果を感じやすいので良いです。

ビフィズス菌BB536の効果

ビフィズス菌BB536は、1969年に健康な乳児から発見されて以来、赤ちゃんの健康を守る栄養素の1つです。世界中から注目されていて、サプリメントなども多く開発されています。
ビフィズス菌BB536
人の中に居る種類の中でもお腹に適した菌で、酸・酸素にも強いので生き残りやすく、赤ちゃんの腸内から人の中に居るビフィズス菌で、ヨーグルト製品の中でも長く生き続けられてビフィズス菌BB536は毎日腸に届けるのにも最適になります。

整腸効果があり腸内環境を良好にして、排便回数を増やし悪玉菌が作り出すアンモニアの発生を抑えてくれます。大腸菌の表面の細胞を保護して外敵から腸を守り、病原性O-157やインフルエンザの感染症を防ぐ効果が期待できます。

アレルギーを予防する効果もあり、腸内細菌や腸の壁の内側の免疫細胞に働きかけて、免疫のバランスを崩れにくい様に改善してくれます。

大腸の粘膜に炎症が起きてただれたり潰瘍が出来てしまった場合に、ビフィズス菌BB536を摂取すると潰瘍性大腸炎が軽くなります。

腸内が酸性になるとカルシウムが吸収されやすくなり、牛乳などのミルクカルシウムを一緒に摂取すると骨の強度を高める効果が高まり、効率よくカルシウムを摂ることが出来るようになります。

生きて届くビフィズス菌BB536

腸内の健康のためには、乳酸菌をしっかり摂取することも大事ですが、乳酸菌は熱や酸に弱いということもあり、腸に届くまでにはその多くが死滅しているとも言われています。
ビフィズス菌BB536
ヨーグルトなどで補っているつもりでも、腸内環境があまり改善されないという人は実は多く摂っているつもりでも、ほとんど届いていないということも考えられます。

乳酸菌も多くの種類がありますので、選ぶ際は特徴は良く理解しておきましょう。しっかりと腸まで届けるのであれば、生きて届く乳酸菌や善玉菌を選んでおくことも大事です。

生きて届く善玉菌にも色々な種類がありますが、ビフィズス菌BB536も注目されています。これは健康な乳児から発見された菌で酸や酸素にも強く生きたまま大腸に到達できるという特徴を持っています。

整腸作用に優れていることはもちろん、病原菌やウイルスの感染を防ぐ、アレルギー予防にも役立つになど健康に欠かせない菌と言えます。

ビフィズス菌BB536の摂取方法も知っておきたいですが、ビフィズス菌BB536が含まれたヨーグルトも販売されていますし、ヨーグルトが苦手という人はサプリメントから摂取することがおすすめです。味や匂いも気になりませんので無理なく続けることができます。

ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌はヨーグルトなどに含まれ、腸内環境を整えることで知られています。そんなビフィズス菌には他にどんな効果があるのか見ていきましょう。
ビフィズス菌BB536
まず、ビフィズス菌と聞いて思い浮かぶのは便秘解消などの整腸作用ですよね。これはビフィズス菌が産出する乳酸や酢酸といった有機酸が、悪玉菌の増殖を防ぐことで腸内環境が改善され得られる効果です。

次に感染防御作用もあります。ビフィズス菌は腸内の善玉悪玉のバランスを整えるので、病原菌の感染を防ぐ効果があるのです。風邪やインフルエンザなどに有効なので感染予防ために摂取したいですね。

次に血中脂質改善作用についてです。脂質の代謝がスムーズにいかないと血中のコレステロール値や中性脂肪が増えていきます。ビフィズス菌は腸内の善玉菌を増やすので、腸内のバランスを整え脂質代謝を改善する効果があるのです。

つまり肥満や、それに伴う動脈硬化や心筋梗塞の予防になります。このようにビフィズス菌には、便秘解消だけではなく健康への嬉しい効果が沢山あります。

善玉菌を増やし腸内環境を改善するには一回摂れば永遠に効果が続くという訳ではないので、毎日継続することが大切です。ヨーグルトやサプリメントなどで摂取して美味しく気軽に続けたいですね。


効果なし
▶ビフィズス菌の効果

ビフィズス菌B3

ビフィズス菌B3は、年齢とともに気になる体重・体脂肪の増加を抑える力があります。腸内の細菌のバランスを整えてくれる特徴があり、肥満型の人を太りにくい体質に変えることが出来て、脂肪が蓄積されるのを防止して脂肪の減少につなげてくれます。
ビフィズス菌BB536
そして、生活習慣病の引き金となる内臓脂肪・スタイルが気になる皮下脂肪を減らすことが出来ます。

同時にお酒を飲む方には嬉しいγ‐GTPも有意に低下させて肝機能の改善も期待が出来て、HDLコレステロールを増加させ動脈硬化の抑制をしてくれます。

肌の保護作用もあり紫外線から肌を守ってくれるので、ダイエットなどで食事制限をして肌荒れなどに悩んでいる方にも美肌効果を期待できます。

酸素があっても繁殖できる乳酸菌にたいして、ビフィズス菌B3は基本的には酸素があると繁殖できない栄養素な為に、食品から摂取することが出来ずにビフィズス菌が添加されている食品から取る必要があります。

現在は、ヨーグルトに含まれていないので、ビフィズス菌B3が含まれているサプリメントを摂取するしかありません。サプリメントの中には、腸内フローラルを整えて痩せ菌を増やしてデブ菌を減らすものが配合されている物があります。


ヨーグルト
▶ビフィズス菌B3

ビフィズス菌ヨーグルト

ビフィズス菌ヨーグルトおすすめの取り方は一日のいつ食べるのがいいのか知っていますか。それはずばり食後です。デザート感覚で食べる方も多いですがなぜ食後がいいのでしょうか。
ビフィズス菌BB536
胃の中が空っぽの状態だとビフィズス菌が胃酸で溶けて死滅してしまうからです。食後は胃酸が薄い状態なので、ビフィズス菌を生きたまま腸にとどかせることができます。ビフィズス菌を活発に働かせるには先に餌となる善玉菌を、

オリゴ糖や食物繊維などが入ったヨーグルトや野菜や食品をとると効果が高まります。ビフィズス菌飲料やサプリメントなどでも、食中に飲むのではなく食後にゴクっと飲みましょう。摂取の望ましい時間帯いつでしょうか。

朝に統計によると朝に取る人が多いです。朝に取ってお腹をスッキリさせて一日をすごす社会人も多いです。

大手メーカーの調査では一日のいつとっても効果は同じだそうです。朝にヨーグルト、昼休みに飲料、夜にサプリメント

といった取り方でもいいわけです。ビフィズス菌は日々消化されていくので要は毎日続けていくことが大切です。

美容や整腸免疫力アップの期待もできるのでカロリーやコレステロール値が気になる方は低脂肪や低糖低糖を選ぶといいです。


ダイエット
▶ビフィズス菌ヨーグルト

ビフィズス菌と乳酸菌

健康に関心が高まっている背景からヨーグルト食べる方が増えていますが、ヨーグルトに含まれている菌の種類についてはご存知ですか。
ビフィズス菌BB536
ヨーグルトと一括りにしても商品ごとにつかわれている菌は異なるので自分の目的に合ったタイプを選ぶことが大切です。腸内フローラは常に消化吸収を助ける善玉菌と体にとって有害な働きをする悪玉菌が戦っていますが、健康のためには善玉菌が優勢であることが重要です。

善玉菌が優勢に導く働きは乳酸菌にもありますが大腸にある善玉菌のほとんどがビフィズス菌のため、腸内フローラのバランスを良好に保つ効果が欲しいならビフィズス菌の入ったヨーグルトがおすすめです。

ビフィズス菌は乳酸だけではなく酢酸を作る働きもあるため、乳酸のみを作り出す乳酸菌よりもより殺菌効果が高いことも魅力です。年齢と共にビフィズス菌は減って行くので定期的に補うようにするとより効果を得やすくなります。

ビフィズス菌は残念ながらすべてのヨーグルトや乳製品に含まれているわけではないので、商品にどんな菌が含まれているか確認してから購入しましょう。ビフィズス菌は酸素や酸に弱いものども多いため、腸まで届くようなものを選ぶのも良いでしょう。

ビフィズス菌BB536株!ダイエットや潰瘍性大腸炎にヨーグルト?のまとめ

ビフィズス菌BB536株のヨーグルトは森永の商品でありダイエットや潰瘍性大腸炎に効果があると話題だ。乳酸菌やB3とどんな違いがあるのか。DHCにもビフィズス菌BB536を使った食品がある。大腸の腸内フローラ改善で頑固な便秘を解消してスッキリするには飲み方?

ビフィズス菌サプリ

乳酸菌サプリに比べて少ないのですが、ビフィズス菌サプリは複数存在します。さらにいうと乳酸菌サプリとして売られていてビフィズス菌が入っていたりするものもあります。

ビフィズス菌は大腸の善玉菌ですので、自分の大腸に合うビフィズス菌の種類を摂取し、大腸の腸内環境を変えられるほどの数量を摂取しないと意味がありません。

摂取したビフィズス菌と腸内の善玉菌の相性が悪ければ、善玉菌は増えませんし、腸内の悪玉菌を減らす効果があるビフィズス菌の数量がなければ焼け石に水で効果はありません。

ですので、ビフィズス菌の種類と数量を考慮した上で、ビフィズス菌サプリを選ぶランキング記事を作成しましたので、下記を参照して下さい。


ダイエット
▶ビフィズス菌サプリランキング

当サイトの記事について

当サイトの記事は、筋トレや腸内環境改善を中心にした健康関連情報を参考として提供するもので、診療や治療行為、それに準ずる行為を提供するものではないことにご注意下さい。 医者・医師 また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報として利用し、必要に応じて適切な診断・治療を受けるために、医療機関を受診するようにしましょう。

必ずしも正確性・安全性・信頼性・最新性等を保証するものではなく、当サイト内の情報により被る、いかなる損失に対しても責任を負いかねます。尚、お問い合わせにつきましても応じかねますのでご了承願います。
公益社団法人日本広告審査機構
広告内容でお困りなら公益社団法人日本広告審査機構に問い合わせてみましょう。
  • 電話番号:033-541-2811
  • 住所:東京都中央区 銀座2-16-7